スタッフのつぶやき&お知らせ

2018.12.23 (Sun)  09:07

パテイシエ~頑張れ~!

クリスマスいいですね~、

もう、この歳になると”だから何かをする”ということはなくなります。

赤や、緑をおシャレに取り入れて街を歩いていて、手をつないで笑っているひと、プレゼントを持っている若者たちを見ると、幸せな気持ちになります。

 PB192867.jpg P5045606.jpg

そういえば皆さん”ボヘミアン・ラプソテイー”見ましたか?

ロックバンド”クイーン”の故フレディ・マーキュリーの人生を映画化したものです。

ラスト21分泣いた、という人は数知れず、、、。

我々世代にはおなじみの曲、何度と聞いた曲、、だけど、、、その人生を知ることで、その曲の背景を知ることで、さらにそれが映像として目に刻まれたら

聞く側は今までとはまるっきり違うものとして聞こえるように、なるような気がます。

 

クリスマスケーキ、楽しみです、それを造っているのは”パテイシエ”です。

ミルフーにもシュガーバインのパテイシエがたまに遊びに来ます、

夜の11時半、バッタリ出くわしたその顔は「疲れてんな~」

予約で300近いクリスマスケーキを作り、さらに当日も同等の数のケーキを作る、

帰るのは終電が当たり前、深夜まで残って作るスタッフもいる、この時期とにかく、寝る時間がなくなるくらいケーキを作って、作って、作り続けるそれがパテイシエ、その情熱好きですね~。

それを聞くと、同じ食べると言うことも、敬意を払いながら食べたくなります、ありがたみといいましょうか?まさにボヘミアン・ラプソテイー、

それが作られるまでに、どんな苦労があったのか?。

銀座にあるフレデリック・カッセルで働いているスタッフ曰く

「朝は6時出勤です、それから販売するケーキをOPEN時間までに作るンで、毎日始発ですよ」

パテイシエ、想像していたのよりもハードなお仕事。

そして、今日はスイーツ男爵から、タカノのクリスマスケーキをいただきました!

夕方で上がった高松の分も、2人で美味しくいただきました!

615.jpg

 

「山田さん、シュガーバインにクリスマスケーキにケーキ取りに行かなくていいんですか?」

『忘れてた!』

 

 

(上2枚の写真は、4年前の年賀状”ケーキやさん”の一コマ)

 

Today's Schedule
2020.12.06 Sunday