スタッフのつぶやき&お知らせ

2018.09.28 (Fri)  23:32

ミルフー木工部卒業試験

あと2日となったミルフー生活、文学部も部長の座を、7月に高松に移し、いまは木工部の卒業試験の真っ最中!

以外かもしれまいが、実はこの長い部活動の中で一人で一から十まで作ったことはない、いやあった!坂入自身のワゴン、それは採用される事なく、自宅に持ってかえった。

強いてあげれば、そう、今作ってる”クローク”の小さい盤、、、チョキ屋で再登板の可能性がある。

375.jpg 394.JPG

その為に

”チョキ屋”で使うもの、受付カウンターとクロークは一から十まで初めて一人で作っている、色から形に至るまで、、

「大変だろ~、指示通りに作るのがいかに楽か?いい経験だよ」

カウンターは途中まで作ったものの、一度作り直し、4つある”引き出し”に至っては、全てサイズが合わず、切り直し、、、、

「ちゃんと測ったんですけどね~」

『プロじゃないから、2~3ミリなんて、板を5枚切ったらすぐずれちゃうよ』

 

クロークは、得意の四角!出来上がってみたら、

 「あれ?斜めでうよね?」

『お~、ヒデ(坂入ヒデユキ)の斜塔のようじゃないか!、これはなかなか作れないよ~』

『カウンターもそうだけど、造る順番が違うんだよ~』

 

そんな苦労を夜な夜な12時近くまで重ね、徐々に形になって

「カッコよくなったじゃないの~」

 

 

2018.09.27 (Thu)  14:01

特注イーゼルは両A面

395.JPG

ミルフーには、本の作家、イラストレーター、フォトグラファー、変わったところだと、赤ペンだけで精密な絵を書く作家や、葉っぱを集めて一枚の絵を作る

グリーングラスアートの作家さん、織りもの作家、、、。

作りこむ、仕事をしている人達が多く来ます。

その中の、”グリーングラスアート”の作家さんから

外に出している看板を新調したときに

 

「そとの看板の、前の看板が欲しい」

『もう分解して処分しちゃいましたよ~』

「え~、そうなの~」

『なんなら、作りますか?』

 

という事で、ミルフー木工部の出番!

作品は”観音開きのイーゼル”そして”両A面”

作家さんの大小様々な作品を飾れるもの、、、、その為には裏側も見せなくてはいけません。

木材を買ってきて、躯体を作り、ペンキ。

2日目も塗装、3,4日目で取り付ける備品の制作、毎回大変なのは”文字”、買うとなるとこれが一番高くつく!そして完成!

 

そんな今日、久しぶりに茶太郎が遊びに来たんです、いつもは椅子の上が定位置、なのに今日は

その、イーゼルの中に

どうやら、茶太郎は気に行ったみたいです( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

396.JPG 397.JPG 398.JPG 400.JPG

 

 

2018.09.26 (Wed)  21:17

坂入ロス再び!

391.jpg

ミルフーで働くのがあと5日となった今日も、沢山のお客様が

「お疲れ様~、がんばってよ~」

と、声をかけて下さいます。

中には、抱き合ったまま2人の愛を確かめ合い、

「好きだよ、ずっとこのままで居たいよ」と坂入が言えば

『お疲れ~』

と、言ったか言わないか?という光景もみられ、

あのスイーツ男爵も登場

「坂入さんと約束した物を持ってまいりました」

中は何とマンガ”スラムダンク”と”ちびまる子ちゃん”、、、、

「スラムダンクは残りをまた持ってまいります!」

何ともありがたいことです、ミルフーの”キングダム”もすべて男爵からのいただきものです。

確かに、聞き耳を立てていると

「~の漫画が欲しい」と聞こえてきます、

メルカリでマンガをかなり買いこんでいるとは知っていましたが、、、ここまでマンガが好きとは

そして、

「本当は来月なんだけど、今月いっぱいでしょう?だから、予約入れておく」

というお客様まで、、

こりゃ~、浜田山店の時に”坂入ロス”が起こった時のように、またまた久我山で”坂入ロス”

393.jpgなる人が出てくるかもな~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

そんな今夜も、残って大工仕事に明け暮れる山田と坂入であった

「おいおい、だからさ~、クロークだろそれ」

『そ~ナンスよ~、棺桶みたいですよね、』

「、、、、、、、だな」

 394.JPG

「あ~、何か、くそ~!って感じだな~」

2018.09.25 (Tue)  00:41

洗濯機協奏曲

ガラガラガラガラ、『なんの音だ?!!』ガラガラガラガラ~」

『洗濯機ですよ、なんかの部品か何かが壊れて回ってるみたいですね』

お店にいるお客様でも「何の音?」というくらい、凄い騒音!

時は、電話協奏曲が終わった3連休の初日、

「ここで、洗濯機が使えないのは大変、せめて3連休こらえてくれ!」

と、願うばかり。

一日に6~8回まわす洗濯機,,かれこれ10年以上使ってきた、、、、

洗う回数を極力減らし、かといって音がなくなるわけではなく、

「ガラガラガラガラがら~~~~」

お客様が居なくなった時を見計らって洗濯、

「このままでは、、買い替えよう」

 

翌日になったからと言ってもちろん治るわけでもなく

「ガラガラガラガラガラ~、」

『本当にうるさい!とにかく早く買いましょう』

 

 3連休はお店も忙しく、見に行くことはできない。

気軽なのはAmazon。

見てみると何と!2万円台で買える!

「洗濯機とは、こんなに安いものっだたか?」

坂入も平岩もヨドバシ派、となると当然

自分のポイントにすべく「ヨドバシでも2万円ですよ!」「ヨドバシ見に行った方が」

「休み明けで見に行くかな~、やっぱりヨドバシのカード作った方がいいかも」

 

翌日、

「あれ?、洗濯機直したんですか?」

『いや、してないよ』」

「音しなくなりましたよ、」

『本当だ、しないな~』

 今しばらくこのまま使いますかね、

「ガラコロコロコロ~ガラコロコロ~」

音色が変わっただけか!

やっぱりだめだね、電話のあとは、洗濯機、何か続きそうだな~

 0073.jpg

 

 

2018.09.24 (Mon)  00:14

電話協奏曲

「はい!ありがとうございます~、美容室ミルフーです!」」

『ピーーーーーー』

『FAXを受信しました』

「もう~、FAXか~、この忙しいのに~」

 

こんな経験はありませんか?

お店をやっているとその数は結構な数になります、

10回鳴って、0回。

20回鳴って、0回。

50回鳴っても、0回、がミルフーにとって必要なFAXの数、はたして?この店にFAXはいるのか?

旧式のFAX付電話を使っているため、受信したら強制的に印刷されてしまう、

ほとんどがセールス、FAXは必要のか?

インクロールがなくなったら、再度巻きなおして使う、また無くなったら巻きなおして再再度使う、、

必要不可欠なものはメールでやればいいんじゃないか?

 

「よし!FAXがない電話機に変えよう!」

 

 早速Aまゾンで購入「これで、煩わしさから解放されるな!インクの心配もない、紙もいらない」

 

 「はい、ありがとうございます、、『ピーーーーー』えーーーーホントに~」

そうなんです、いくらこっちが電話を変えても電話番号が変わるわけではないので、

FAXは『やっと、つながった~、心配したんだよ~~』てな感じです。

印刷はされませんが、電話はなるンです。

当たり前でした、気づきませんでした、知りませんでした、、やっちゃった感ありありです。

 

お店で使う材料、パーマやカラーは全てFAX注文、それをメールにした事で、

向こうも慣れていなく、1本のはずが11本来たりと、商品が来るはずなのに来なかったりとトラブル続き、以前の電話に変えようにも、とうに処分してしまっていた、、、やっちゃた感満載。

389.JPG

「FAX付に、替えましょう」

 

早速、Yド橋に使者を送る

売り場で検討に検討を重ね

「いいのありましたよ!これにしましょう!」

商品カードをもってレジへ

『申し訳ありません、いま欠品中でして、取り寄せに、、、、』

「え~、じゃこのカードは、、、」

 

そして、今日、あたらしいFAX付電話が来た!

この電話FAXが届いたら、その内容がデスプレイに表示される、必要となれば印刷、いらないものは

印刷しない!という優れもの、インク、紙を無駄にしなくていい、ありがとう!パナソニック!

390.jpg

ここ1月間、とにかく電話に振り回されました、

 

「山田さん、洗濯機が調子悪いんですよ!凄い音がするんです!買った方がいいですよ!」

『俺も、ヨドバシのカード作ろ~かな~』

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6
Today's Schedule
2019.12.07 Saturday