スタッフのつぶやき&お知らせ

2021-11-17 00:01:00

何年も来ていない革のジャケット、15年は着ていないでしょう、、よくもまあ、取っておいたな~と思います。

浜田山にお店があったころ、一度フリーマーケットを店内でやったんです、このジャケットを300円で出しましたが、、、残ってました。

いい加減処分をしようと、クローゼットの中から取りだし、手に取ったんです、

「重たいな~」

見た目からは、想像できない革の重さ、、MADE IN USA、、懐かしさを覚えてしまいます( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

『断捨離するなら、手を加えてみよう、、か?で、失敗したら、処分しよう」」

IMG_7599.jpg IMG_7600.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何が問題か?

形です‼、、、これを直すには、勇気と決断がいります、革として分解するのは簡単ですが、そのまま使うとなると、切る!という行為が、取り返しのつかないことに

なってしまう事があります。

 

まずは、2つボタンを4つにしたい、丈も5センチほど詰めたい、、これを全て手縫い、、基本はすべて自己流、、。

「まずは、お直しやさんに聞いてみよう」

答えは、

革のボタンホールはそこではやっていないとのこと、丈詰めは革だと13000~15000円。

「だったら、自分でやるしかないな~」

まずは、丈詰めで邪魔になるポケットを外します、、、ボタンホールの製作、とにかく延々と手縫いで、『まあ、汚くてもががどうせボタンをしたら隠れるし」、、

IMG_8005.JPG IMG_8006.JPG

そしてボタンを取り付けます、、ミルフーには、ボタンが、ストックされているンです。

IMG_8008.jpg IMG_8009 (1).jpg(この丈を詰めます)

 そして丈です、、裏地も、厄介ですね~、分解をしながら、構造を真似しながら、、何と4時間!!

IMG_8010.jpg IMG_8011.jpg(片方が完成)

 最後にポケットを取り付け!、、と言っても、ここは、、ボンドで接着です( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、完成!! 

IMG_8019 (1).jpg

元々の革のジャケットがかなり着こんでいたので、擦れたり、切れたりしていて、これが逆に自己流をカバーしているような気がします( ̄∇ ̄;)ハッハッハ