スタッフのつぶやき&お知らせ

2022.02.21 (Mon)  12:06

日本人の文化”箸”

お客様「80になってこれだたら、箸のもちかた、なおらないわよ~」

山田「僕もある意味、そうですよ、人より手が小さいので、苦労しましたよ」

 

箸の持ち方、どうです?

ちゃんと持てていますか?

先日来られたお客様とのお話の中、こんな話題になったんです。

知る人ぞ知る?でしょうか?、私はこの業界に入ってくる前、天ぷら屋で働いていました、、、

あげた天ぷらを、盛りつけするンですが、この時に、盛りつける職人側の箸の使い方は、そりゃ~みんな綺麗でした。

その時の箸が”菜箸”、高温の油の中にいれて、形造る、先が金属になっている”揚げ箸”、さらには、てんぷら粉を作るための、直径が2センチもある”粉箸”

そして”割りばし”と、とにかく”箸”を使う文化のあるのが天麩羅屋です。

割りばし以外の箸は、長く、倍以上になり、特に”揚げ箸”に至っては金属ですから、そもそもで、力が必要になります、その為、

箸の持ち方、使い方は、徹底的にしごかれます。

 

 

平岩「旦那さんも、ちょっと変わった使い方をしていて、結婚してから、矯正させましたよ」

お客様「治るものなのかしらね?」

 

綺麗に見せる事も学びます、箸があったとしたら、いかに、箸の先を長く見せるか、、真ん中ではなく、いかに根元近辺を持てるか、そして

重量のある天ぷらを扱う、、職人の前腕は色気がありましたね~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 持つ位置は根元から言えば三分の一くらいの所 、コレが通常です。

IMG_9183.jpg

それを四分の一あたりだと、見た目は非常に綺麗になります、シザーハンズ的です( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

逆に二分に一、だと

IMG_9184.jpgう~ん、ぎこちなさが残ります。

ハサミに動刃と静刃あるように、箸にも、動く箸と、止まっている箸があります、、、ん?、、だったような?あれ?、、そうですよね、、、。

それで、重たい金属の箸、重量のある,かき揚げ何かノ天ぷらを扱う、、職人の前腕は~色気がありましたね~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

確かに、箸は使わなくなってきましたよね、私なんかはナイフとフォークの方が使えませんけどね~、( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 スパゲティだって、「すんません、箸なんてないっすよね~」、、、。

Today's Schedule
2022.07.02 Saturday