スタッフのつぶやき&お知らせ

2018.07.31 (Tue)  12:56

milfoo文学部に、初の部員誕生

240.jpg

「一度、書いてみたらどう?」

そんな私(山田)の何気ない一言が、初の部員誕生になるとは、

ポッカリ空いた時間、以前もお話した通り、部活動の時間になります。

今ちょうど真っ最中なのが文学部の活動。

 

字というものを書かなくていい世の中にはなるつつある、そんな中で高松は

綺麗な字を書く、要は大人の字、です。

 

「じゃあ、この記事を書いてみな」と坂入。

ひと通り教えて、、、、

「あ~ちょっと待って!よく見て、字がでかいんだよ」

「そうじゃないだろ!、横の記事とのバランスを考えろよ」

「絵が入るんだから、そのスペースが必要だろ!」

「伝えたいことは太字にするんだよ」

「初めは鉛筆で下書き、そしてペンで清書だろ?、初めからそんなに濃く書いてど~すんだよ!」

『教えて下さいよ~』」

「ちょっと考えればわかるだろ!」

 

坂入のレッスンはスパルタ教育である、

それは、”スタート”ではなく”ファイト!”

そう、バトルの始まりである

 

以前にも私を含めた何人かのスタッフが入部の申請を出したが、

「そのレベルに達していない」

という事でことごとく却下されてきた

 

「避けて通れないのは、山田さんの似顔絵だ、書いてみろ!」

「だから~違うだろ!お前が思ってるのを書くんじゃなくて!

この絵を真似するんだよ!鼻は三角、▲!これじゃ普通の鼻だろ」

「まっ、これはこれで、、、悪くはないけど、、▲なの!」

 

『出来ました!』

 その出来栄えは、中々いいもので、絵の造形も坂入までとはいかないまでも、

「いいじゃん!」

『お~、やった~』

念願の新入部員の誕生です

 168.JPG

 

この猫背には、ベテランの味が出てます

 

 

Today's Schedule
2020.10.01 Thursday