スタッフのつぶやき&お知らせ

人生、には幾多の苦難が訪れます、その大部分はその人にしかわからないところが多いでしょう、葛藤や苦悩、、これは特に人にはわからせない時がほとんどです、知らないからこそ

その人の物語を書くときには大事になります。

去年の暮れ11月に”ボヘミアン・ラプソデイ”が公開されて、エリック・クラプトン。12月マリア・カラス。1月ホイットニー・ヒューストン。

と立て続けにミュージシャンの人生を垣間見る映画が公開されています、ある意味”アリー/スター誕生”も其の一つなのかもしれません。

特に、”ボヘミアン・ラプソデイ”は何回も見る人が続出

中には、ある場面(Barだったか?スタジオだったか?忘れましたが)クラプトンの曲が流れているンですよ、、。

 

「何か、いとをかんじますね~」という、強者まで登場!

 689.jpg

そして私が、今回観たのは”アリー/スター誕生”です

リメイクです、もう4回されているそうで、はじめ主人公は映画スタ、前回から主人公は歌手になったらしいですね、さらに当初は

レデイーガガではなくビヨンセだったらしいですね~、監督もクリントイーストウッドで、、。

そんなアリー/スター誕生

お店が終わって、一目散に、久我山を7時15分に出発!そして1時間ホッとする武蔵村山イオンシネマまで。

今回も観客は10人ほど

 688.jpg103.jpg657.jpg

初めはレデイーガガが演じているんだろ?どうなの?とは思いました、が、これがいいんです!それ以上に監督で主演のブラッドリー・クーパーが良すぎて

レデイーガガの前向きさよりもブラッドリー・クーパーの後ろ向きさが残りすぎちゃうのが、、、たまに傷ですが( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

気になるのは、

55歳になって1100円で観れるんですが、年齢のわかるものを持参してください!なんですが

一度も提示を求められないんです、・・・?

だったら、もっと前から50過ぎてでもよかった?それとも、誰が見ても55? それとも良心に訴えてる?ただ面倒くさい?

 

さてさて、お次は何を観ましょうかね

 

 

 

 

 

 

 

 

Today's Schedule
2020.09.29 Tuesday