スタッフのつぶやき&お知らせ

”mil foo"

皆さんご存知”ミルフー”と、読みます、”ミルフォー”と読む人も、たま~~~にいます、実はこの名前に決める前、実は当初”mil fun"(ミルファン)で決めていました。

これを”ミルフン”と読む人がいて、何か”糞”みたいで嫌だな~、、で、紆余曲折あり”ミルフー”になったんです、、、。

 330.jpg

読み方を知らないと、自分の能力を最大限に発揮したとしても~、ど~しても読むことができないものがあります。

”LOUIS GARNAU"自転車に興味があた人なら一度は耳にする名前でしょうカナダのメーカーです。

”ルイガノ”です、私はこれを”ルイス・ガルナ”?と読み、「ルイガノですね~、」

 

ミルフーに入ってくるとアロマの香りがします。毎朝違う匂いをさせています。そんなとある朝、、、。

山「お~、いい匂いがするね~この匂い好きだな~、なんて言う匂い?」

高松『これは、、、、”ヤング ヤング”です』

山「ヤングヤングか!という事はブレンドされていて"若さ”をアピールする香りなのかね?」

高松「そうだと思います、ヤングですからね~』

平「違うでしょう!!”YLANG YLANG(イランイラン)でしょう?」

高松『ヤングヤングって書いてあるンですよ』

平「これでイランイランって読むの!ヤングはY・O・U・N・G」

366.jpg 668.jpg

確かに、言われてみるとyoungの字面に見えなくもありません、なかなかこのご時世”筆記体”を読みこむのは難しいですね~、

我々世代は中学の時に習っていますが、それでも文章になると解読できない、という事態になります、いつだったかラジオで

アメリカでも、今の若者に言わせると”筆記体”はおばあちゃん、お爺ちゃんの字、というイメージだそうです、高松が読めないのも理解できますね~。

”IRAN IRAN"なら分かりますが( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 確かOPEN時、店の備品を揃えるのに青山の雑貨巡りをしていたんです、待ち合わせを指示してきたスタッフが

「ヨクモクにいますから来てください」

『よくもく?それどこ?・・・・・”YOKUMOKU"(ヨックモック)じゃないのか?』

"YOKUMOKU"

たしかに、知らなければ”ヨクモク”だな~、今でも忘れませんね~、高松の”ヤングヤング”も伝説になりそうです( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、

その日一日ヤング呼ばわりされていた高松であった、、、。

Today's Schedule
2020.11.25 Wednesday