スタッフのつぶやき&お知らせ

2021-09-20 07:46:00

お客さん「今、やたらとABBを聴いています」

という声は、よく聞くようになりました。、ABBAの復活が無ければ、また聴こう、、とはならなかったと思うんです。

 

レコード世代の私にしてみると、CDの音は素晴らしかったですね~。

ただ、唯一、CDは”ジャケ買い”する気になれなかったのも事実です。

ジャケ買い

内容はともかくレコードの表面、本で言うと表紙、、それが気に入って、ついつい買ってしまう、それです。

タワーレコードやシスコで、輸入盤が買えるようになって、国内盤が2500円とか2800円くらいのところ、1500とか、1800円で買えるようになったのが大きいような?

気がします。

大概は、国内盤も輸入盤も同じで、たまに違うとあえて国内盤ではなく輸入盤を選んでました。

あれは何でだったんだろう?

IMG_6468.jpg例えばですが、レコードとCDの違いはありますが。これが国内盤だとしたら

実際に国内盤のCDですが、、。

IMG_6467.jpgこれが輸入盤です、ちなみにこれはフランス盤のレコードです。

同じ写真を使っていても、バージョンが違いますよね、、そんな感じです

顔の表情も違います、、気付きました?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、ABBAのレコードの中ではこのミニは非常に珍しいんです。

丁度同じ時期、日本ではこれが当たり前の、スーパースターが居ました 

 ピンクレデイーです。 IMG_6473.jpg今でも素敵なLADYの2人です。

 

ジャケットは

その時代を反映しますから、今も活躍していれば、若かりしときの姿が見れるということです、これは面白いですよね?

先日、キャンディーズのEPを買ったのは、記憶に新しいと思います( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

当時の音楽が、今の若者にシテイー音楽として,もてはやされていますが、ジャケットも同様に楽しめるというのが、、今の若い人との、

唯一の違いということでしょうか?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

IMG_6474.jpg家に眠っているレコード出してみてはどうです?