スタッフのつぶやき&お知らせ

クリスマスシーズン!

街はイルミネーションで衣替え、いいですね~、その中でメインとなるのがツリーでありリース。

煌びやかで華やか、デパートや商業施設では競うあうように個性のあるツリーを見ることができます、中にはついつい見入ってしまうものもあります。

IMG_8300.jpg(お客様が作ったアート作品)

赤いプレートを取り付けてから、お店の中に馴染み過ぎて大きい割には気づかれなかった( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、ツリーが、みんなに注目されるようになりました。

本当は、今年で新しいのに買い替えようとおもっったんですが、、プレートを取り付けるには今の多少スカスカ感があった方がいいと言うことで、

来年も一緒にクリスマスを迎えることにしました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

そんな昨日、

やってきたお客は、ベテラン看護師さんです、第一声が

「クリスマスツリーすご~い!」

 

国立成育医療研究センター。

今、美容の業界でも”ヘアードネーション”が注目されています。

小児がんや難病で頭髪がなくなってしまった子供たちに無償でカツラをプレゼントしよう、、という試み。

ミルフーでも4人のお客様が寄付をし、今伸ばしている中学生が一人います。

その子供たちが病(やまい)を克服しようと日々先生や看護師と努力しているころの一つが、、ここ国立成育医療研究センターです。

 

ある一人の先生がきっかけとなり

「入院をしていてクリスマスツリーを見れない子供たちの為に、、、」

何年か前から、折り紙を子供たちや、お父さん、お母さん、先生や看護師、職員の方たち、さらには病院にお見舞いで訪れた人達で

折り紙をして、それをツリーにする!という事をやっているらしいです、、やっているンです。

その画像を見させてもらうと、、、、

 IMG_8299.jpg IMG_8298.jpg

山「クリスマスツリーすご~い!

今まで見たどんなツリーよりも慈愛に満ちている素敵なツリー、夜は点灯するらしいですね~、その折紙には願い事が書かれていたりします

病院の吹き抜けを利用して高さは何と7M!

来院する人達に12月の頭まで、病院の入り口近くに折り紙が置かれていたそうです、、、

来年はミルフーで折ったものを、その看護師さんに届けてもらいましょうかね~

 

山「うあ~、実際にこの目で見てみたいな~、でも物見雄山で行ける場所じゃないしな~」

「でも不思議なもので、くも膜下出血をして2か月半、脳内出血をして1か月、ともに生死をさ迷って入院していた武蔵野日赤には”ここで助かった”っていう感覚があって、

コーヒーを買いに、行っちゃうんですよね~」

『わかる、退院した子たちが会いに来てくれるもん、、中にパンやさんがあるの,買に来ればいいじゃない』

 

 

 

Today's Schedule
2020.10.20 Tuesday