スタッフのつぶやき&お知らせ

お客様から「我が家にも飾りたい」「書斎の机に置いておきたい」などなど、依頼が相次いだ”和凧”、

 

『”運”を引っ張る、名をあげる凧をお作りしましょう』

 

その第一段階の”絵”が先週完成したんです、どれも目を見張るもの揃いで、そこから第2段階、、、。

製作には、まず絵の下書き、墨入れ,彩色、絵が完成すると、竹を切りだし凧の骨組みを製作、最後にタコ糸を編んで行く、、、

長い工程です、短くて10日~1か月近くになる事もあるそうです。

出来上がった作品は2つとして同じものはありません、墨入れの太さ、色合いや濃淡、形や向き、。

例えば、丹波の国の大江山に住む鬼・酒呑童子を源頼光が退治をすると言う有名な”絵”、、、”大江山”

職人さんが2017年に制作したものはこちら。、、、「よ~く見てくださ~い」

IMG_8659.jpg

「はい!」 

「そして~ミルフー版とお客様版はこちら!」

ミルフー版は58センチ。お客様版は85センチ。

IMG_8658.JPG IMG_8155.JPG

「 ミルフー版よりサイズが大きいことで、描きこむ絵が細かく書きこんでいますね~、ミルフー版には描かれなかった物もあり色合いも3作3様,同じにはなりません、、これがいい!」

 

 それ以外に、NHKの朝ドラ”あさが来た”のために製作して、ドラマにも登場した”助六”。

完全にゼロから書きあげたてオリジナルの”赤富士”。

今までにない、派手な着物を着た”大黒天”

そして、百獣の王(獅子)と百花の王(牡丹)の”獅子と牡丹”、これもサイズは縦が90センチの迫力のあるもの、が誕生しました。

「こちらも、比較してみましょう。」

2017年度版は

IMG_8660.jpgこちら。

2019年度版が

0ED00DCA-712B-49CA-B3C8-A515D3D76191.jpegこちらで、、お客様版が10D212B7-62CD-4033-9263-E8092A076295.jpegこちら、、

これも比べると、2017年版は牡丹が3輪、2019年版は5輪、 お客様版の7輪!いかに今回、職人さんが気持ちが入っているかがわかります、獅子の筋肉,牡丹の花、葉の一枚一枚と

描きこんでいる感が半端じゃありません!

そして今

次の工程、、竹を切り出し、削り、骨を凧に組み立て、糸目をつけて、糸を編んで、、”凧”として完成させます、来週には完成して、それぞれの自宅やお店に飾られるはずです。

ミルフーに展示してある和凧も、今日、2日(日曜)まで、お店に飾り、今度は我が家で飾る予定です。

 

 

Today's Schedule
2020.11.28 Saturday