スタッフのつぶやき&お知らせ

自分の歴史を垣間見ることが出きるのは、やはりアルバムなんですが、、本棚もそんな感じがします。

特に私は本に囲まれた部屋に住みたい!と言う願いがありますから、、本棚を見ると、、

「こんな本を読んでいたときがあったんだな~」

と思う時はあります。

 E090D92F-483A-4359-A9FA-D7ACB86BF925.jpeg

昨日、15年ぶりに本棚の整理整頓をしたんです、、断捨離ではありませんよ、、、。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

本と言うのは、次から次へと、増えてはいきます、初めは、作家ごとジャンルごとに並べていたとしても、、いつしか、隙間があれば、そこに新たな本は突っ込まれ、

入らないのは平置きされ、高さを増していき、次第に雑然とした状態になりますです、、、、そこに到来したのが、、

地震です、、昨日ビックリしましたよね~、、。

当然のことながら、積み上げていたものは、、倒れます、、

自分の部屋を家庭の中で確保いるンですが、、4畳ほどです、、その中で倒れますから、、整頓せざるを得ません、、、。

どうせだからと思い、ジャンル分けをして並べていると、、

『なんだ?句集か?、そんな趣味は無かったはずだけど、、」

IMG_7253.jpg

めくってみると、、2枚の便せんが出てきたんです、、

昭和54年、、私が高校1年の時、今から40年以上前、、叔母から私の母にあてた手紙でした、、

どうやら当時、母親は体調を壊していたらしく(そんなことを私は知りもしませんでした)それを心配した叔母が、自分の俳句の本とともに

心配して送ってきたものでした、、、、、。

早速、従兄弟に連絡、

従兄弟「、、、そんな本を作っていたんだね~知らなかったよ」、、親は子供の事をわかろうと努力はします、、でも、

子供は、親の事をほとんど知りません、、どうやら、お互い知らないことが多いようで、、、。

今は2人とも他界していますが

本を整理整頓するはずが、ちょっとした歴史を垣間見ることになりました

山田「何かのタイミングなのかもしれないから、来週、長岡に墓参り行くよ、そっちには立ち寄らないからね」

IMG_7252 (1).jpg(狭い部屋なので本棚を置くと更に狭くなるので、壁をくりぬいて、そこに本を収納しています) 

IMG_7255 (1).jpg(要は、至るところに穴が開いているという事なんです

ひょんなことから、開く事のなかった本を開く、そこに、2人の足跡を見つける、、

 

「やっぱり、長岡に行かないとだな~」

 

Today's Schedule
2021.10.16 Saturday